So-net無料ブログ作成
検索選択

首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「すべての政策に職を賭す覚悟で臨んでいる。その中に普天間の移設先の問題も当然含まれている」と述べた。首相は21日の党首討論でも「すべての政策実現に職を賭す」としたが、普天間問題を含むと明言したことで、5月末までに決着しなければ進退問題に発展する可能性が高まった。

 ただ、首相は退路を断つかのような発言をする一方で、「5月決着」が実現しない場合に備え、逃げ道を確保しようとしている。

 首相はこれまで3月中に移設先に関する政府案を決めた上で、5月末までに米国や地元の合意を得て決着させる決意を語っていた。

 しかし、この日の答弁では、5月末までに「地元の理解を求めつつ、米国ともすり合わせをして理解を求める」と述べ、地元や米国との合意に至らなくても、「理解を求める」ことで決着としたい考えもにじませた。平野博文官房長官も「(米国、地元と)具体的に詰めようとの土俵ができること」と「決着」の定義を変更しようとしている。

 一方、沖縄県の仲井真弘多知事は23日の記者会見で、25日に同県読谷村で開かれる県外移設要求の県民大会への出席を表明し、「(政府に対し)県外移設の方向でまとめてほしいと言いたい」と語った。

 政府が普天間飛行場のヘリ部隊の移転先に想定する鹿児島県・徳之島でも18日に反対集会が開かれたばかり。知事の大会出席で、地元の合意を得て決着させるのは極めて難しくなる。

 首相は23日、国会内で会談した共産党の志位和夫委員長に対して、「沖縄の人々の心を少しでも和らげることができるかと思うが、厳しい局面だ」と苦しい胸中を吐露した。

【関連記事】
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
「鳩山首相の信頼はボロボロ」いまや“日本非難”の時代と米紙
民主・小沢幹事長vs前原国交相 高速道路の新上限制で全面対決
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”

砂で巡るアフリカ大陸=鳥取砂丘で展示始まる(時事通信)
民家全焼2人死亡 足不自由な夫婦か(産経新聞)
設計起因のリコール増える…車両使用長期化が影響(レスポンス)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
石川氏供述や状況証拠から“関与認定” 小沢氏「起訴相当」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。